Mopsドイツ生活

ライン渓谷の美しい古城、ラインシュタイン城での結婚式【後半:パーティー編】

前回で紹介した式に続き、今回はパーティーの様子を紹介します。

パーティーと言ってもお祭り騒ぎのような物ではなく、お互いの親戚同士で親睦を深めるための食事会といったスタンスです。

パーティーの前に新郎新婦のフォトシューティング

式が終わってからパーティーまでの間には新郎新婦のフォトシューティングがあり、私達が撮影をしている間、ゲストにはラインシュタイン城の内部や周辺を自由に見学してもらいました。

式の撮影に続きフォトシューティングもプロのカメラマンに頼んでおいたので、彼女の指示に従ってポーズをとったり歩いてみたり。

周りには撮影の様子を見ているゲストやお城を見学に来た一般の人もいたので、そのなかでポーズをとるのは結構恥ずかしいものでした。

面白かったのは、私や彼の家族が撮影の様子をまた写真に撮っていたこと。プロが撮ったポートレートも素敵ですが、こういった舞台裏の写真からは当時の様子が更によく伝わってくるのです。

f:id:imasa24:20170724222658j:plain

sponsored link
 

古城レストランで夕食

パーティーは城に併設されているレストランKleiner Weinprinzでの夕食から始まります。

まず彼が挨拶のスピーチをします。挨拶はドイツ語と日本語で頑張りました。日本語の部分は、彼の原稿を私が翻訳したものです。

その後レストランの方たちから白いバラのサプライズプレゼントもありました。

そして食事がスタート。食事をはじめ今回の投稿の写真は兄が撮ってくれたものです。

まず提供されたのは、グレープシードオイルとバゲット、そしてカレーのような風味のスープ。

f:id:imasa24:20170724222659j:plain

メニューはあらかじめリストの中から私達が選んでおいたものですが、実は試食はしていなかったので(ワインの試飲はしましたが)、どんな風に料理が出てくるのかどきどきでした。

前菜は「夏のサラダと山羊のチーズのトースト、ベリー類」。サラダにはバルサミコソースがかけられています。

f:id:imasa24:20170724222700j:plain

スープの代わりとして「生ハムメロン」。スープのように見えますが、じつはこれメロンのピュレーなのです。

f:id:imasa24:20170724222701j:plain

まさかこんな形で出てくるとは思っていなかったので、私も彼もびっくり。夏にぴったりの爽やかな一品でした。

そしてメインは牛肉の赤ワインソース。付け合わせはジャガイモのグラタンとニンジンです。

f:id:imasa24:20170724222703j:plain

私が花が大好きということを知ってか知らずか、花を使って可愛く盛り付けられています。こういう演出大好きなんです。

f:id:imasa24:20170724222702j:plain

デザートは3種類のシャーベット。左からマンゴー、リンゴ、カシスのシャーベットで、フルーツも一緒に盛り付けられています。

f:id:imasa24:20170724222704j:plain

デザートにしては十分すぎるほどたっぷりのシャーベットでした。

sponsored link
 

新郎新婦のファーストダンス

食事が終わった所でライン川が見渡せるテラスへ移動し、新郎新婦のダンスが始まります。

テラスからはこんなに美し夜景も。

f:id:imasa24:20170724222705j:plain

ドイツの結婚式では新郎新婦がダンスをお披露目する場合が多く、そのためにダンス教室にも通います。実際に私達もダンス教室の「結婚式コース」なるものに2日間参加しました。

ダンス教室の結婚式コースに参加してきた話

当日はゆっくりなワルツを披露しましたが、けっこうグダグダなダンスでした(笑)。2人で一曲踊った後は他のゲストも入ってきて一緒に踊るのですが、彼らの方が上手かったというオチです。

f:id:imasa24:20170724222706j:plain

彼ママも私の父と踊ったりしていて、何だかとても楽しそうでした。

ダンスの後はチーズの盛り合わせも。

f:id:imasa24:20170724222707j:plain

ウェディングケーキ登場

パーティーが終盤に差しかかったころ、いよいよウェディングケーキが登場します。

f:id:imasa24:20170724222708j:plain

3段のケーキはそれぞれの段ごとに味が異なり、下からワインクリーム、トリュフクリーム、チェリーとクリームのケーキになっています。

可愛らしいバラのデコレーションはマジパンです。

ほかにも彼のおばあさんと、仲の良い地元のご近所さんがケーキを焼いてくれました。

sponsored link
 

日本にいる弟&祖母とテレビチャット

皆がケーキを食べている間、私と彼は今回来ることが出来なかった弟&祖母とテレビチャットもしました。

電波の状態があまり良くなく初めはうまく繋がらなかったものの、なんとか繋がり、本当に短い間でしたがドレス姿を見せたりすることができました。

おわりに

ドイツにしては早いですが、12時過ぎにはパーティーもほぼ終了。日本から来るゲストは疲れているだろうし、そこまでお祭り騒ぎをするつもりもなかったので、最初から大体この時間に終了するように計画をしていました。

今回の結婚式では沢山の人に祝福され、とても楽しい時間を過ごすことができました。

古城というドイツならではのロケーションも特に私の家族や親戚からは好評で、喜んでもらえたのもとても嬉しかったです。

ゲストからは「いつまでも健康で仲の良い夫婦でいてね」という事を多く言われましたが、その言葉の通り健康で、今までと変わらず仲良くやっていけたらと思っています。

 

結婚しました!ライン渓谷の美しい古城、ラインシュタイン城での結婚式【前半:式編】

このブログでも結婚準備について何度か書いてきましたが、このたび7月15日にラインシュタイン城で結婚式とパーティーを無事に終えることができました。

会場となったのは「ラインの真珠」とも称えられる美しいラインシュタイン城

f:id:imasa24:20170723110747j:plain

当日の様子は2回に分けて書いていこうと思いますが、今回は結婚式の前半である式の部分の様子を紹介します。

sponsored link
 

参加者40人弱の小さな結婚式

私達はそこまで盛大な結婚式を挙げるつもりはなく、招待したのは親族、親しい友人とそのパートナーのみでした。

私の方からも、はるばる日本からは家族をはじめおばやいとこ、イギリスからも親戚が駆けつけてくれ、身内がいなくて寂しい思いをすることはありませんでした。

sponsored link
 

戸籍局の役人さんが会場まで来てくれた

ドイツでは結婚をする際、戸籍局(Standesamt)で必ず式を挙げなくてはいけません

しかし私達が式を挙げたラインシュタイン城を管轄するビンゲンという町の戸籍局では、役人さんが会場まで来てくれ、お城の中庭で正式な式を挙げることができました

f:id:imasa24:20170723110746j:plain

世界遺産にも登録されている美しいライン渓谷を望みながらの結婚式。更には会場が古城という事もあり、私達はもちろんゲスト(特に日本からの)にとっても思い出深い式となったみたいです。

f:id:imasa24:20170723110744j:plain

ドイツの結婚式はどんな感じ?

式は役人さんの話から始まります。内容は「結婚とはどういうものか」といった物や、2人のこれまで&これからについて。

その後、それぞれに対して結婚の意志について聞かれ、2人とも「Ja. (はい)」と答えます。

それから指輪の交換とキスをし、書類にサインをして式は30分ほどで終了です。

終了後はお祝いの言葉をかけてもらいながら1人1人とハグ。ゲスト同士もその場でシャンパンを飲みながら歓談しました。

sponsored link
 

結婚式の証人とは?

キリスト教徒が教会で式を挙げる際は証人をつける必要がありますが、私達のように戸籍局での式の場合、証人は基本的に必要ありません

とはいうものの、証人が横にいた方が見た目も良いので(笑)、私の証人は彼の弟、彼の証人は親友にお願いしました(私の方ははじめ兄にお願いしようと思っていましたが、ドイツ語が出来ることが証人としての条件だったので)。

証人もしっかり書類にサインをしたりして、「つける必要はない」といいながらも結構重要な役なんだな、というのが私の感想です。

城主のあいさつも

シャンパンを飲みながら歓談した後は、ラインシュタイン城を所有している「城主」であるヘッヒャー氏の挨拶もありました。

お祝いの言葉から始まり、城の歴史などを語ってくれたヘッヒャー氏。ゲストも興味深そうに話を聞いていました。

最後に城の鍵を渡され、私達はこの日「1日城主」となりました。

f:id:imasa24:20170723110743j:plain

 

結婚式はこの後、新郎新婦のフォトセッション、パーティーへと続きます。

 

 

北ドイツで一番高い山ブロッケンの登山

前回の更新からだいぶ時間が経ってしまいましたが、6月に行ったハルツ旅行の続きです。

世界遺産の町クヴェトリンブルクを訪れた次の日は、北ドイツで一番高い山ブロッケンに登ってきました。

前回来た時は行きも帰りもSLを利用したので、徒歩で登るのは今回が初めて。上の方は風が少し冷たかったですが雨に降られる事もなく無事登頂することができました。

ブロッケンとはどんな山?

ハルツ地方にあり、北ドイツで一番高い山ブロッケン。「北ドイツで一番」とのことで標高も結構高いのかと思いきや、標高1,141mとそんなに高いわけではありません。どちらかといえば大きな丘みたいです。

東西ドイツ時代は東ドイツの重要施設があったため、一般人は立ち入ることが出来なかったという過去もあります。

またブロッケンは「年に一度魔女が集まり集会を開く場所」としても有名です。魔女が集まるのは4月30日。この夜は「ヴァルプルギスの夜」と呼ばれていて、ゲーテの「ファウスト」にもその様子が描かれています。

sponsored link
 

最も美しい登山道「ハインリヒ・ハイネ・コース(Heinrich-Heine-Weg)」にチャレンジ

今回私達がチャレンジしたのは「ハインリヒ・ハイネ・コース」というコースで、その名の通りハイネの軌跡をたどるというもの。ブロッケンの北東にあるイルゼンブルク(Ilsenburg)という町から山頂を目指します。

詳しいコースはこちら

ハルツ観光局のホームぺージに掲載されているコースで、全長11km。難易度は「難」とありますが、実際に登った感想としてはそこまで難易度は高くないと思います。

彼が本当にこの道を通ったのかは分かりませんが、どうやら最も美しい登山コースらしいです。

序盤:森の景色を楽しみながら川沿いを歩く

序盤は森林浴をしながらイルゼ川沿いをひたすら歩いていきます。川のせせらぎが心地よく、所々で美しい川の景色も楽しめます。

f:id:imasa24:20170709204919j:plain

ここらへんはそこまで高低差がないので、序盤という事もありますがかなり余裕で通過できます。

f:id:imasa24:20170709204918j:plain

ただ前日に雨が降っていたので、道がぬかるんでいる箇所がいくつかありました。

sponsored link
 

中盤:段々坂道が増えてくる

中盤は、森の中というよりは森の間の道を進んで行く感じで、だんだん坂道が多くなってきます。

場所によっては太陽を遮る物が頭上にないので、天気のいい日はかなり暑くなりそう。日焼け対策も必須です。

大体半分くらいまで来ました。先はまだまだ。

f:id:imasa24:20170709204920j:plain

こんなに風にハゲてしまった森もあちこちで見かけます。枯れた木がずらっと並んでいますが、これはこれで何だか迫力がありますね。

f:id:imasa24:20170709204922j:plain

この枯れた森の見える場所で私達はお昼にしました。持参したのはサンドイッチ。アパートタイプのホテルはこういう時に便利です。

こんな感じのサンドイッチを持っていきました。

f:id:imasa24:20170709204917j:plain

お昼を食べたら再び頂上を目指します。小人が通りそうなこんな道も。

f:id:imasa24:20170709204921j:plain

sponsored link
 

終盤:ラストスパートはかなりきつい坂道

最後は傾斜のきつい坂をひたすら上りました。道が舗装されているので上から石が落ちてくるなどの心配はないのですが、私は20mごとに立ち止まってしまう位きつかったです。

f:id:imasa24:20170709204923j:plain

マウンテンバイクで登っている人も結構いましたが、私には絶対真似できないです。逆にマウンテンバイクで下ってくる人もいて、それはそれでスピードがかなり出ていて恐そうでした。

また暑いくらいの序盤と打って変わり、山頂に近づくと冷たい風が吹きつけて、だいぶ寒かったです。

標高1000mの地点。

f:id:imasa24:20170709204924j:plain

頑張って登っていくと、やがて頂上が見えてきます。

f:id:imasa24:20170709204925j:plain

頂上はこんな感じ

やっとのことで辿りついた山頂からみえるのは、ハルツ山地が作りだす絶景。

f:id:imasa24:20170709204926j:plain

f:id:imasa24:20170709204927j:plain

山頂にはテレビ塔や博物館、ホテルのほか食堂もあります。お腹は空いていなかったのですが、寒かったので食堂でホットチョコレートを頂きました。

f:id:imasa24:20170709204929j:plain

お昼の時間だったので食事をしている人が多かったですが、寒かったからかレンズ豆スープを食べている人が多かったです。他にはソーセージやフライドポテト、ケーキ類もあります。

山頂には他にもハイネの像や、「どこの町まで何km」と書かれた石板が並べられている広場があります。

f:id:imasa24:20170709204928j:plain

sponsored link
 

帰りはSLで

行きは登山でしたが、帰りはSLでヴェルニゲローデという町まで下りました。

料金は大人片道27ユーロ(往復41ユーロ)、子供片道16ユーロ(往復24,50ユーロ)。

時刻表など詳しい情報はハルツ狭軌鉄道のHPで見ることが出来ます。

夏の時刻表

冬の時刻表

途中で汽笛を鳴らしながら走るノスタルジックなSLに揺られ、ヴェルニゲローデまでは1時間40分ほどの旅です。

f:id:imasa24:20170709204930j:plain

おわりに

頂上までの所要時間は3時間半でした。所々で写真を撮ったり休憩をしたのでHPに記載されていた「所要時間3時間」からは少し長くなりました。

ブロッケンには1度徒歩で登ってみたかったので、今回その願いが叶ったのはとても嬉しかったです。

前回は1人旅でしたが、今回は彼と一緒だったのでまたひと味違った楽しみ方ができました。

【世界遺産】1300もの木組みの家が並ぶ美しい町クヴェトリンブルク

ランメルスベルク鉱山を見学した後は、クヴェトリンブルク(Quedlinburg)へ向かいます。この町は今回のハルツ旅行のなかでブロッケン登山の次に楽しみにしていた場所。

というのも、昨年夏の一人旅では時間が無くて訪れることが叶わなかったのです。

不安定な天気で途中は嵐の様なにわか雨にも遭遇しましたが、まさに絵に描いたような美しい街並みを楽しむことができました。

クヴェトリンブルクはどんな町?

ハルツ地方の北東部に位置するクヴェトリンブルクは人口2万5,000人ほどの町。美しい旧市街は世界遺産にも登録されています。

f:id:imasa24:20170627202933j:plain

戦禍を逃れた町では中世の街並みがそのまま残っていて、まさに古都と呼びたくなるような風景。旧市街にある木組みの家はなんと1300軒なんですって!

f:id:imasa24:20170627202929j:plain

またこの町は、919年に初代国王に選ばれたハインリヒ1世がドイツ王国の基礎を築いた場所でもあります。町の丘の上にそびえ立つ城は彼が建ててもので、彼の死後は息子であり神聖ローマ帝国の初代皇帝であるオットー1世が拡張し、帝国の政治的役割を担っていました。

f:id:imasa24:20170627202921j:plain

という訳でクヴェトリンブルクは、約100年のあいだ帝国の政治や宗教、そして文化の中心でもあった町でもあるのです。

sponsored link
 

町へのアクセス

同じくハルツ地方のヴェルニゲローデやゴスラーから電車で行く場合、まずマグデブルク行きの電車でハルバ―シュタット(Halberstadt)間で行き、そこでターレ(Thale)行きに乗り換えます。所要時間は約40分。

ヴェルニゲローデからはバスも出ています。駅を出て左手に進んで行くとバス停があるので、そこから21番のバスに乗って約1時間でクヴェトリンブルクに到着です。

町にはホテルも多いので、この町に宿泊しながらハルツ地方の他の町を訪れるのもおすすめ。

⇒ クヴェトリンブルクのホテル情報

城から旧市街を見下ろす

町に着いたらまず丘の上に立っているお城を目指します。

f:id:imasa24:20170627202919j:plain

ここには城博物館とセルヴァティウス教会がありますが、私達は内部の見学はせずに庭園からの景色を楽しみました。

ここから旧市街を一望することが出来ます。屋根がオレンジの家は、どの家もおもちゃの模型のようです。

f:id:imasa24:20170627202922j:plain

下に目を向けると、とある家の屋根の部分に「願い事の泉」と書かれたビニールのプールが(笑)。これは可笑しくて笑ってしまいましたが、アイデアとしては面白いですよね。

f:id:imasa24:20170627202924j:plain

よーく見ると、みんな結構コインを投げているみたいです。

庭園ではちょうどバラが咲いていて、城という場所も影響してかロマンティックな雰囲気が漂っています。

f:id:imasa24:20170627202927j:plain

f:id:imasa24:20170627202923j:plain

f:id:imasa24:20170627202925j:plain

別の場所にはハーブ園らしきものも。彼はこれを見て、家にもハーブ園が欲しくなったみたいです。実際家の庭にもハーブは何種類か植えてあるんですけどね。

f:id:imasa24:20170627202926j:plain

sponsored link
 

旧市街の散策

お城から降りてきたら旧市街の散策をします。1300軒の木組みの家があるという事で、どこを向いても可愛らしい風景に出会えるのがクヴェトリンブルクの魅力

城門前の広場もこの通り。

f:id:imasa24:20170627202920j:plain

市庁舎は壁一面がツタで覆われています。赤いゼラニウムがまた素敵。

f:id:imasa24:20170627202932j:plain

今は緑の壁ですが、秋になるとこれが赤に紅葉して、これまた綺麗なんでしょうね。見に来たいですが、いつになることやら。

他にも行きたい場所が数えきれないほどあるので、なかなか順番が回ってこなそうです。

細い路地は人影がほとんどなく、中世の街並みを独り占め。

f:id:imasa24:20170627202931j:plain

カラフルな家の1階はお店やカフェが入っていて、商品も観光客向けの雑貨類や地元の人向けの衣類系など様々です。

f:id:imasa24:20170627202930j:plain

この帽子屋さんで夏用の帽子を買いました。町歩き用の可愛い帽子をずっと探していたのですが、こんな所で買う事になるとは。

f:id:imasa24:20170627202928j:plain

旧市街を一通り散歩したら、カフェに入ってケーキタイム。ちょうど雨が降ってきたので、私はブルーベリーのチーズケーキ、彼は卵リキュールとチョコクリームのケーキを食べながら、雨が止むのを待ちました。

f:id:imasa24:20170627202934j:plain

f:id:imasa24:20170627202935j:plain

雨が止んだら車まで戻り、クヴェトリンブルクの観光は終了です。

 

次の日はいよいよ北ドイツで一番高い山ブロッケンに登ります。

世界遺産ランメルスベルク鉱山の坑道ツアー

ゴスラーの旧市街を見た後は町の郊外にあるランメルスベルク鉱山へ向かいます。

旧市街と同じくこちらも世界遺産。ゴスラーの歴史はこの鉱山なしには語れないというほど、密接な関係のある場所です。

この鉱山で坑道を見学するツアーに参加してきました。

f:id:imasa24:20170625103817j:plain

ゴスラーを繁栄に導いたランメルスベルク鉱山

ランメルスベルク鉱山で採掘が始まったのはローマ時代といわれていて、その歴史はなんと1000年以上

ここから採れる銀で貨幣が作られたことから、麓の町ゴスラーでは神聖ローマ皇帝の居城が作られたり、帝国の会議が開かれたりと帝国にとって重要な町となっていきます。

銀をはじめ銅、鉛、錫、金が採掘されましたが、金はほんの少ししか採れなかったそう。豊富な資源を産出してゴスラーを潤したランメルスベルク鉱山ですが、やがて鉱脈が枯渇して1988年に閉山されます。

1988といったら私が生まれた年!1000年以上も前からつい30年ほど前まで採掘が行われていたのだから驚きです。

sponsored link
 

テーマの異なるツアーは4種類

ランメルスベルク鉱山では4種類のツアーが用意されていて、そのうち鉱山内部を見学するのは2つあります。

1つ目は鉱山内を徒歩でまわり、中世の坑道を見学するという物(所要時間:1時間15分)。

もう1つはトロッコに乗って坑道内500mの場所まで進み、20世紀の採掘の様子を見学する物(所要時間:1時間)。

坑道に入らないツアーでは、鉱物を運ぶために使われていた斜めのエレベーターで鉱山を100m登るもの(所要時間:20分)や、鉱物加工について学べるツアー(所要時間:2時間)があります。

英語ツアーも有り。時間が合えばツアー同士を組み合わせる事もできるので、チケット購入の際に聞いてみると良いです。

sponsored link
 

トロッコに乗って鉱山の中へ

私達が参加したのは、20世紀の坑道を見学するツアー。

実は前回1人で来た時も同じツアーに参加したのでもう1つの中世の方に参加したかったのですが、今回初めて来た彼がトロッコに乗りたいという事で再び同じツアーに参加しました(長い道のりを運転してもらったので、ここは譲ってあげなければということで・・・)。

ツアーの集合場所は大きなホール。黄色いヘルメットをかぶってツアーが始まるのを待ちます。

天井には作業着が吊り下げられています。

f:id:imasa24:20170625103824j:plain

天井から吊り下げるのには、「場所の節約」と「天井にある暑い空気で作業着が早く乾く」という2つの理由があったそう。

それにしてもすごい数で、これだけでも迫力があります。こんなに沢山の人が働いているんだもの、天井を有効活用しないと場所がなくて大変そう。

係の人の説明が終わったら、いよいよトロッコに乗って坑道の中へ

こちらが私達を山の中500メートルの地点まで運んでくれるトロッコです。窓も電気も無くて、移動中は真っ暗!怖がりの人は1人で乗ってはいけません。

f:id:imasa24:20170625103821j:plain

そして結構揺れます。くれぐれもヘルメットを外さないように。

ここから鉱山のなかに入っていきます。

f:id:imasa24:20170625103830j:plain

sponsored link
 

20世紀の坑道内の様子とは

坑道の中は空気がひんやりしていて肌寒いです。足元にはあちこちに水たまり。上からも水がポタポタ落ちてくる場所があるので、カメラを持っている人は要注意。

f:id:imasa24:20170625103825j:plain

f:id:imasa24:20170625103829j:plain

当時は、坑道に入ってからまず行うのが朝食でした。ここは炭鉱ではなかったので、喫煙もOKだったのです。

鉱物に触れるので、食事前の手洗いは絶対。黄色い看板には「Vor dem Essen Hände waschen (食事前には手洗い) 」との注意書きも。

f:id:imasa24:20170625103816j:plain

当時使われていた機械も係の人が実際に動かしてくれます。

こちらは壁に穴を空ける機械。ドリルの先から水が出るようになっていて、粉塵が舞う量を抑えることが出来るようになっています。それ以前は粉塵が沢山舞う中で作業をしていたため、肺の病気にかかる人が多かったみたいです。

f:id:imasa24:20170625103826j:plain

この機械がまあうるさいんです!

ドリルで穴を空けたら火薬を詰めて爆破する訳ですが、この爆破作業を取り仕切る専門の人がいて、彼が爆破の日程などを全部決めていたのだそう。

爆破予定の場所には、こんな風にして日程を記した看板が掛けられていました。

f:id:imasa24:20170625103827j:plain

他にも鉱物を運ぶトロッコや作業室を見学してツアーは終了。来た時と同じトロッコで鉱山の外へ出ます。

f:id:imasa24:20170625103828j:plain

sponsored link
 

ミュージアムの見学

ツアーの後はミュージアムの見学をします。ここは自由に見学OK。

建物の前にオレンジの看板がある所がミュージアムです。

f:id:imasa24:20170625103818j:plain

実際に使用されていた機械やトロッコがここにも展示されています。鉱山の中では暗くてあまりよく見えなかったものも、ここでは細かいところまでじっくり観察できます。

f:id:imasa24:20170625103820j:plain

f:id:imasa24:20170625103819j:plain

f:id:imasa24:20170625103823j:plain

f:id:imasa24:20170625103822j:plain

ほかの棟ではここで採れた銀で作られた貨幣や像などの展示もありました。ゴスラーの町の中には、ここで産出された資源を使って作られた像が沢山あるみたいで、それらも写真で紹介されています。

sponsored link
 

基本情報

営業時間、料金

夏(3月16日~10月31日)は9時~18時。それ以外は9時~17時。一番最初のツアー開始時刻は、中世の坑道を回るものは10時、20世紀の坑道は10時半となっています。

料金は博物館のみが9ユーロ、博物館と1つのツアーで16ユーロ、さらにもう1つツアーに参加する場合は21ユーロです。

ランメルスベルク鉱山へのアクセス

バスで向かう場合は、ゴスラー駅前のバス停から803番のバス(Bergbaumuseum方面行き)に乗ります。降りるバス停は終点の「Bergbaumuseum」。バスは30分毎に出ていて、鉱山までの所要時間は25分です。

車の場合は専用の駐車場があります。

 

sponsored link
 

ランメルスベルク鉱山を見学後は北ドイツで一番高い山ブロッケンの頂上までハイキングをする予定でしたが、天気予報によると山はあいにくの雨。

なので予定を変更してクヴェトリンブルクという町へ向かいます。こちらの町も世界遺産!木組みの家が並ぶ可愛い町です。