Mopsドイツ生活

読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

塩で栄えた町リューネブルクで中世の街並みを楽しむ

f:id:imasa24:20170522211450j:plain

もうだいぶ前の話になってしまいましたが、4月はじめのハンブルク旅行の際、ハンブルクから電車で30分の場所にあるリューネブルクという町へ日帰りで遊びに行ってきました。

小さいながらも古き良き街並みが残るリューネブルク。今回はこの町の魅力を紹介します。

まさに中世な水辺の風景

f:id:imasa24:20170522211442j:plain

リューネブルクの町にはイルメナウ川が流れており、その一帯にはまるで中世にタイムスリップしたかのような風景が広がっています。

この一帯はかつて港だったことから、対岸には船に荷物を積んだりするために使われた木造のクレーンもあります。

川沿いにはカフェやレストランが沢山あるので、天気が良ければここでランチするのも良いですね。実は私も、テラスではありませんが川沿いのとあるカフェで朝食を頂きました。とても可愛らしいカフェにつては後半で紹介します。

sponsored link
 

アム・ザンデ広場

f:id:imasa24:20170522211449j:plain

かつてのハンザ商人たちの家が並んでいるのが、このアム・ザンデ広場。かつて塩の取引で裕福になった商人たちは、家の外観の装飾にお金を使う事ができたのだそう。

f:id:imasa24:20170522211443j:plain

黒いレンガで建てられた独特な建物は、かつてビール醸造所として使われていました。

f:id:imasa24:20170522211445j:plain

その建物と広場を挟んで反対側に建っているのが、聖ヨハニス教会。豪華なパオプオルガンや美しい祭壇画など見どころも多く、この町に来たらぜひ訪れて頂きたい場所です。

f:id:imasa24:20170522211448j:plain

 

f:id:imasa24:20170522211446j:plain

 

f:id:imasa24:20170522211447j:plain

繊細なステンドグラスの美しさにも、思わず息を飲んでしまいます。

sponsored link
 

塩の博物館

f:id:imasa24:20170522211444j:plain

町の外れには塩の博物館もあり、製塩の歴史について学ぶことができます。写真も撮ったのですが、「写真撮影は私的利用のみOK」とのことだったので、ここでの掲載は控えさせていただきますね。

内部では様々な種類の塩の結晶や塩に関する知識、かつての製塩方法などが展示されています。私達の身近な存在である塩ですが、そんな塩についても実は知らない事だらけで驚きの連続です

チケットと購入した際に塩が入った小さな袋も貰いました。もったいなくてまだ使っていませんが・・・。

可愛らしい人気カフェでの優雅な朝食

f:id:imasa24:20170522211441j:plain

先ほど少しだけ触れたカフェが、イルメナウ川沿いにある「Anna's cafe」です。泊まっていたホテルが朝食無しプランだったので、ここへは朝食を食べに出かけました。

f:id:imasa24:20170522211439j:plain

どのテーブルも既にセッティングされていて、なんとも可愛らしい雰囲気。テーブルごとに食器やイスが異なっていて、どこに座ろうか迷ってしまいますね。

f:id:imasa24:20170522211440j:plain

ショーケースにあったケーキも美味しそうだったのですが、ここは朝食を食べると決めてきていたので、ツォップフというパンと山羊のチーズがセットになった朝食を頂きました。パンや山羊のチーズのほか、イチジクの入ったマスタード、はちみつなどがセットになっています。

お店の人も親切でとても居心地の良いカフェでした。

sponsored link
 

リューネブルクへのアクセス

リューネブルクはハンブルクからICEに乗って30分ほどで行くことが可能。他にもニーダ―ザクセン州で走っているメトロノーム(Metronom)という電車も走っていて、こちらは電車によって乗車時間は30~50分です。

⇒ ハンブルクのホテル情報はこちら

メッセで有名なハノーバーからだと、所要時間は1~2時間ほど。いずれにしても電車の本数は多いので、気軽にふらっと立ち寄ることができます

⇒ ハノーファーのホテル情報はこちら

超有名観光都市という訳ではありませんが、落ち着いた街並みが美しいリューネブルクでした。

いよいよケーキをオーダー!ドイツのウェディングケーキ事情

f:id:imasa24:20170521162310j:plain

結婚式へ向けて準備中の私達。以前の投稿で会場での打ち合わせをしてきたと報告しましたが、いよいよウェディングケーキも注文してきました。

何件かケーキ屋さんを回りながら相談しているうちに、ドイツではこんなケーキが好まれているのかという傾向が見えてきたので紹介します。

定番は段になっているケーキ

f:id:imasa24:20170521162312j:plain

お店のカタログやホームページで大部分を占めていたのが段になっているケーキ。もちろんフェイクケーキではなく、全て食べる事ができます。2段のものから大きいものでは6段なんてものもありましたが、一番多かったのは2~3段のケーキでした。

お店によってやや異なりますが、2段のケーキだと大体25人分くらい。3段の物になると50~60人分になるそうです。デコレーションはマジパンで作られた花が主で、その他にもフルーツや生花を飾ってあるものもありました。

私達が注文したウェディングケーキも、このタイプの3段になっているものです。それぞれの段にマジパンで作られたピンク、サーモンピンクそして白のバラと花びらが飾られる予定。ケーキの中身も自分たちで選べたので、それぞれの段で異なる味のケーキにしました。

平たいケーキ

f:id:imasa24:20170521162311j:plain

段のケーキについで人気なのが、一段だけの平たいケーキ。大きさによって10人~50人ほどまでカバーできます。形は四角や丸形のほか、ウェディングということでハート形もよく見かけました。

デコレーションも段になっているケーキと大体同じですが、ハート形では表面全体がイチゴやラズベリーで覆われた真っ赤な物も多いです。情熱的なケーキにしたい人にはもってこいですね。

sponsored link
 

手作りもアリ

f:id:imasa24:20170521162309j:plain

ケーキを手作りする人も実は多いのだとか。新郎新婦のお母さん、おばあさんや親戚の人たちなどがここぞとばかりに腕を振るい、自慢のケーキをゲストにふるまいます

この場合は所謂ウェディングケーキのような物を用意する人もいれば、自分の得意なケーキを作る人も。何人かがケーキを持ち寄ることもあり、そうなるとまるでケーキパーティーのように賑やかになります。

私達の場合も、最初は彼のおばあさんがケーキを焼くと言ってくれました。しかし会場が家から離れていて前泊しなければならない事から、その計画は断念。せっかく提案してもらったのに残念ですが、おばあさんのケーキはまた遊びに行くときにご馳走になります。

気になる値段は?

使う材料やデコレーションによって差はありますが、25人をカバーする2段のケーキは大体100ユーロほど。50~60人用の3段ケーキになると250~300ユーロといった所。日本円にすると31,000~37,000円くらいになります。

実際に私達が注文したケーキも280ユーロ(35,000円)。50人分でこの値段ならだいぶ安いですね。しかも全部食べられますし。それでも彼は最初「高!」と言っていました(笑)。

sponsored link
 

おわりに

f:id:imasa24:20170521162313j:plain

本来ケーキは一回り小さい2段の物にしようと考えていました。というのも、ケーキを出すタイミングが夕食の後になるため、ゲストもお腹が一杯でそんなに食べないだろうと思っていたからです。

しかし実際の大きさを見ると2段ではやはり小さく、「これじゃあちょっと寂しいな」というのが私の正直な感想でした。彼も同じようなことを考えたらしく「こんなに小さければ、俺がシュヴァーベン出身だからケーキ代をケチったと思われる」なんて言ってたり。

そういう訳で、あとで後悔するのも嫌だなと思い結局一回り大きな3段のケーキにしたのです。

ドイツはそもそもバターや小麦粉、乳製品と言った原材料がかなり安いので、ケーキの値段もこれだけ抑えることが出来るのでしょう。日本のウェディングケーキの値段の相場を彼に教えたらだいぶ驚いていました。

朝からソーセージにビールでドイツな朝食

ドイツ料理と聞いてソーセージを思い浮かべる方も多いと思いますが、ソーセージの中にも本当に沢山の種類があります。数多くあるソーセージの中でも私達がよく食べるのが白ソーセージ

毎回ではありませんが、我が家では週末の朝食として登場することがあります。日曜日も久しぶりに白ソーセージを買って、いつもとは違った朝食を楽しみました。

白ソーセージ

バイエルン地方の伝統的な食べ物である白ソーセージ。お店で注文するとお湯にプカプカ浮かんで提供される、あの白いソーセージです。

痛むのが早いため、午前中に食べるのが伝統となっている白ソーセージ。一般的なパリッとした食感のソーセージとはだいぶ異なる柔らかい食感なので、好みが大きく分かれるのも特徴の1つ。ちなみに私は白ソーセージ大好きです。

f:id:imasa24:20170514201444j:plain

食べ方も決まっていて、まずは皮に縦の切れ目をいれて皮から中身を剝ぎ取ります。そして皮は食べず、甘いマスタードと一緒に中身の部分だけを食べます。この甘いマスタードはマストアイテムで、これ無しでは白ソーセージの味も本当につまらないものになってしまいます。

白ソーセージのお供

以前の投稿で週末は朝にパンを焼くと書きましたが、白ソーセージの日は必ずプレッツェルかラウゲンロールを焼きます。

www.mops-germany.com

 プレッツェルもラウゲンロールも形が違うだけで、両方ともラウゲン液という液に浸けた生地を焼きます。このラウゲン液は服についたらそこに穴が開いてしまうほどの劇薬。そんな危ない物をなんで食べ物に使うようになったのか不思議ですよね。

もちろん素手で触るなんてもってのほかなので、ゴム手袋をして成型した生地をラウゲン液に浸します。その後は切れ目を入れて塩をふれば、あとは焼くのみです。

f:id:imasa24:20170514201440j:plain

そして完成した物がこちら。

f:id:imasa24:20170514201443j:plain

今回はラウゲンロールを焼きましたが、ラウゲン液に浸けた部分が茶色くなっているのがよく分かるかと思います。色が変わるだけではなく、表面もよりパリッとして中はモチモチになるので、私はこれが食べたくてよく作るんです。

日本でも味わえるドイツパンのお試しセットはこちら

全員集合!

そして準備が出来た朝食がこちらです。ヴァイツェンもありますが、朝なのでもちろんノンアルコールです。

f:id:imasa24:20170514201445j:plain

ちなみに我が家で白ソーセージを食べる時は、何故かいつも一緒に食べる物が決まっています。上に紹介したラウゲンロール(またはプレッツェル)と同様に欠かせないのが、下の写真の右側に写っている「オバツダ」です。

f:id:imasa24:20170514201441j:plain

オバツダはカマンベールチーズやパプリカの粉、クミンなどを混ぜ合わせたチーズディップのような食べ物で、パンやプレッツェル(パンではなくスナック菓子のほうです)につけて食べます。ワインにもとても合うので、私達がワインを飲む時にもよく登場するほか、ワインフェストでも定番のおつまみです。

f:id:imasa24:20170514201442j:plain

おわりに

白ソーセージは日本でもドイツレストランで食べることができるので、興味のある方は探してみてください。

ドイツレストランを探す

いつもとはちょっと変わった朝食の風景を紹介しましたが、休みの日に彼とゆっくり話をしながら美味しい朝食を食べると、それだけで何かパワーを貰えるような気がします。あれだけ食べればパワーがもらえるに決まっているのですが、それ以外の精神的な安心感というか、ゆったり感というか、そんなパワーのおかげでまた一週間乗り切れるのです。

結婚式会場での打ち合わせ ~ドイツ古城ウエディング~

いよいよ夏に迫った結婚式。ドレスを購入したりダンスの練習をしたりと、準備も少しずつ進んでいます。

そして昨日は打ち合わせの為に会場となる場所へ足を運んできました。

場所はなんと古城

会場となるのはライン川沿いに建っているラインシュタイン城という古城。大きくはないですがその美しさから「ラインの宝石」とも呼ばれています。ライン川クルーズをしたことがある方なら、船からその姿を見た事のある方も多いと思います(ライン川クルーズに興味のある方はこちら)。

f:id:imasa24:20170514084017j:plain

実は当初の予定では、家の近くのレストランを貸し切ってガーデンウェディングにしようかと考えていました。しかしせっかく日本から家族や親戚が来るので、もうちょっと面白い場所の方が良いなと思っていた矢先に見つけたのがこの古城なのです。

f:id:imasa24:20170514084014j:plain

お城は現在、元オペラ歌手のヘルマン・ヘッヒャーさんが所有しており、内部は博物館として公開されています。チケット売り場にいたご本人をお話もしましたが、とても明るくて元気な方です。

当日の流れなど確認

まずは当日の流れを一通り確認。その後にテーブルのフラワーアレンジメントやテーブルセッティング、食事のメニューなど細かい内容を打ち合わせをしながら、ワインの試飲もしました。

大体の流れは、結婚式のセレモニー、シャンパンなど飲みながら談笑、新郎新婦のフォトシューティング(ゲストはその間お城の中や中庭を自由に見学)、ディナー、ダンスといった感じです。所々で彼やヘッヒャーさん、結婚立会人の挨拶が入ります。

全て終わるのが大体24時くらいとドイツにしてはかなり早いですが、参加者もほとんど親族だし、私達もそこまでパーティー志向ではないので、このくらいがちょうど良いです。

ついでに庭も見学

打ち合わせが終わった後、セレモニーが行われる中庭も少し見てきました。前回11月に来た時は寂しい雰囲気が漂っていた庭も(それはそれで哀愁があって良かったのですが)、徐々に緑が増えてきてとてもいい雰囲気。これから薔薇も咲くみたいなので楽しみです。

f:id:imasa24:20170514084016j:plain

 

f:id:imasa24:20170514084015j:plain

もし雨が降った場合、セレモニーは「騎士の間」という部屋の中で行われます。いかにもヨーロッパらしい重厚な雰囲気が漂っていて、こっちになっても日本からのゲストは喜びそうです。

f:id:imasa24:20170514084018j:plain

ちなみにドイツでは結婚の際に必ず戸籍局(Standesamt)で式を挙げる必要があります。しかしこのお城がある地域の戸籍局の役人さんは、わざわざ会場まで来てくれるのです。通常はセレモニーの後パーティー会場へ向かったり、パーティーの日にちをずらしたりしますが、私達の場合は移動する必要が無いのでこれは結構助かります。

sponsored link
 

おわりに

まだまだ準備しなければならないことが山ほどありますが、こうして1つひとつ要件をこなしていく毎に、いままでぼんやりとしていた結婚式の全体像がはっきりしてくるのも確か。

一生に一度しかない(そうであってほしいです!)大事なお祝い事なので、ゲストに楽しんでもらいながら自分達も楽しめる式にしたいです。

家の庭で最近咲いた春の花たち

ドイツに住んでいる人たちは花が大好きなのか、私達の家の近所では丁寧に整えられて綺麗な花が咲いている家が多いです。庭が無くてもバルコニーに季節の花を飾っているところをよく見かけるので、花が好きな人がやはり多いのでしょう。

私達の家の庭にも暖かくなってからだんだん花が咲きだしたので、今回はその中から一部を紹介します。

甘い香りを放つライラック

ライラックはドイツの庭木として定番のようで、近所をお散歩しているとあちこちで見かけます。色も白や紫、青みがかったものなど様々です。

そんなライラックは、我が家の庭でもひときわ大きな存在感を放っています。毎年5月の頭になると花が咲き始め、辺り一帯に甘い香りを漂わせるのです。

f:id:imasa24:20170506190253j:plain

香りがとても強く、窓を開けていれば家中がライラックの香りに包まれるほど。満開の木はとてもボリューミーで、枝が折れはしないかといつも心配しています。

ビオラ

春の庭に欠かせない花の1つがビオラ 。毎年秋に植えていますが、冬でも多少咲いてくれるので殺風景な冬の庭には有難い花です。寒い冬を頑張って耐え、春になると満開になります。

f:id:imasa24:20170506191534j:plain

 

f:id:imasa24:20170506190252j:plain

切り戻しして茎と一緒に切ってしまった花は、こんな風に飾ったりもします。せっかく咲いているのに、そのまま捨ててしまったら可哀想ですからね。

f:id:imasa24:20170506190250j:plain

何もせずともいつの間にか咲いている花

芝生の一角には忘れな草が咲いているのですが、彼らは毎年種を落としながらどんどん広がっていきます。引っ越してきた際には庭の片隅に1株くらいしかなかったのですが、今ではこの通り。

f:id:imasa24:20170506190249j:plain

何も手入れをしていませんが、見事に咲いてくれています。

f:id:imasa24:20170506190248j:plain

そしてこちらは、以前スーパーで買った物。名前がよく分からないのですが、毎年元気に咲いてくれます。そしてこちらもライラックに負けないいい香りがするのです。

f:id:imasa24:20170506190246j:plain

sponsored link
 

彼ママからもらった花

これは去年の春、実家に帰った時に彼ママからもらった花です。実は彼ママも花が大好きで、帰るとよく花や何か植物をくれたりします。

そんな彼女から貰った花は、寒い冬を地下室で辛抱強く耐え、春にまた咲いてくれました。冬越しできるかも微妙だったので、これは嬉しい!嬉しすぎてママに画像付きでメールを送りました(笑)。

株も一回り大きくなりました。

f:id:imasa24:20170506190251j:plain

他にもこれから咲きそうな花がまだまだあるので、また随時紹介したいと思います。