Mopsドイツ生活

読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

早めの準備が肝心!結婚に必要な書類集めと全体的な流れ


f:id:imasa24:20170324142650j:plain

夏に結婚予定の私達。ただいま必要な書類集めの最中ですが、ようやく「あとは翻訳してもらうのみ」という所までこぎ着けました。今回は今までの流れを振り返りながら、必要書類と手続きについてまとめていきたいと思います。

ちなみに今回紹介するのは「日本人とドイツ人がドイツで結婚手続きをする」というケースです。

ドイツ人側がすること

ドイツ人がする事は「出生証明書」を手に入れる。これだけです。

日本人側がすること

日本人側で準備することは以下の通りです。

1. 資料をそろえる(必要書類については以下で紹介します)
2. 集めた書類にアポスティーユをしてもらう
3. アポスティーユ付きの書類を認証翻訳してもらう
4. 翻訳してもらった書類と、相手の書類を戸籍役場へ提出

必要書類

日本人が集める書類は以下の通りです。

1. 戸籍謄本
2. 婚姻要件具備証明書

ここで1つ注意しないといけないのは、6ヶ月より古い書類は受け付けてもらえないという点です。すぐドイツで手続きをするなら良いですが、そうでなければ結婚したい日から逆算して書類集めを開始する必要があります。

婚姻要件具備証明書?

専門用語みたいで分かりにくいですが、要は「独身証明書」のことです。

戸籍謄本と同じく両親が代理で申請をする事も可能です。

婚姻要件具備証明書を代理申請する場合は委任状が必要になるので(地域によっては必要でないかもしれません)、それだけは自分で書いて日本の両親のもとへ郵送する必要があります。私の場合は父が貰ってきた委任状をスキャンしてメールで送ってもらい、それを記入して日本へ郵送しました。

また本人そして結婚相手の身分証コピーも提示する必要があります。私達の場合はコピーしたものの空欄に「原本と相違なし」との一筆とサインをし、スキャンしてメールで送ればOKでした。こちらは法務局によって違うと思うので、ご自分で問い合わせてください。

アポスティーユとは?

アポスティーユとは地方自治体で発行された文書に対する外務省の証明のことです。分かりやすく言えば、自治体の文書に対して外務省が「間違いありません」と承認するというものです。

外務省で戸籍謄本と婚姻要件具備証明書にアポスティーユをしてもらう訳ですが、これは郵送でも申請できます。郵送の方法や必要書類については外務省のホームページに詳しく書いてあるので、そこを参考にしてください。申請書・委任状のダウンロードもできますし、書き方も乗っているので、一度目を通されることをおすすめします。

東京または大阪の分室が郵送での申請を受け付けているみたいですが、近くにお住まいの方は窓口で申請も可能です。

それから、アポスティーユが先で、翻訳してもらうのはその後です。認証翻訳をした書類にはアポスティーユができないそうなので、順番を間違えないように注意してください。

アポスティーユ付きの書類を認証翻訳

まず翻訳家については、住んでいる地域の戸籍局で「ドイツ在住の認証翻訳家」などと条件を付けている所もあるので、それら条件について戸籍局で確認する必要があります。

翻訳家の探し方については色々あると思いますが、私はフランクフルト領事館に問い合わせをして何人か紹介してもらいました。またベルリンの日本大使館で認証翻訳のサービスをしているみたいなので、管轄地域に住んでいる方はそちらに問い合わせるのも良いかもしれません。

私達も今この「翻訳」という段階まできて、翻訳者の方と連絡を取りあっている所です。値段はおそらく150ユーロ前後になりそうです。

おわりに

書類を全部揃え、問題などなければ無事に受理されるはず。始める前は色々な方のブログを見て大変そうだと感じていましたが、実際にはそこまで複雑ではないです。面倒なことは確かですが。

結婚式は7月なので、それまでにはどうにか結婚手続きも終了しそうですが、まだ安心するには早いですね。