Mopsドイツ生活

ドレス購入!

前回の記事でハンブルクに行ってきたと書きましたが、その2日前くらいにウェディングドレスを購入しました。

f:id:imasa24:20170406203917j:plain

ドイツではドレス購入がほとんど

ウェディングドレスのレンタルが主な日本の結婚式とは対照的に、ドイツでは購入する人が多いようです。値段は本当にピンキリ。デパートのパーティードレスのコーナーにある「白くてウェディングドレスっぽいもの」を着る人もいますし、ちゃんとドレス屋さんで購入する人もいます。

ちなみにドイツではお色直しもなく、花嫁はずっと同じドレスを着ています。

いざお店へ

私はさすがにパーティードレスの延長のようなウェディングドレスでは嫌だったので、専門店を探しました。グーグルで探すと結構引っかかったので、その中から評価の高かったBrautkleid bleibt Brautkleidというお店へ連絡。

このお店はセカンドハンドのウェディングドレスを扱っていて、その分安くドレスを購入することができます。価格帯も650ユーロから900ユーロのものがほとんどなんだそう。

さすがに人気店というだけあり、週末は8週間先まで予約で一杯とのこと。週末は諦めて月曜日にしましたが、それでも予約できたのは2週間先でした。

お店はフランクフルトの旧市街、大聖堂の裏側の路地にあります。女子受けするお洒落な店内で、私もウキウキしてしまいました。

いよいよ試着

まずどんな結婚式なのか、会場の雰囲気や何をするのか(ダンスなど)をお店の人から質問されました。それから私が着たいドレスのイメージも伝え、それをふまえてお店の人が合いそうなドレスを何着か用意してくれます。

今回着たのは5着。どれも素敵だったのですが、3つの中で特に迷いました。その3着というのがこちら。

f:id:imasa24:20170406203915j:plain


f:id:imasa24:20170406203916j:plain


f:id:imasa24:20170406203920j:plain

どれも本当に素敵で迷ったのですが、結局最後の写真のドレスにしました。花の模様がものすごく可愛くて、着ている時から「可愛い可愛い」を連発する私。

アップでみるとこんな感じです。花の中心がほんのりピンク色になっていますよ。

f:id:imasa24:20170406203919j:plain

まさかこんな可愛い系に決まるとは

ドレスを着てみるまでは、実は可愛い系よりも大人っぽいものの方が良いのではと思っていました。しかし着てみてびっくり。驚いたことに可愛いドレスの方が私には似合っていたのです。

大人っぽいのも着てみたのですが、なんというかドレスの雰囲気と私の雰囲気があっていないというか・・・。やっぱり何でも着てみないと分からないのだなと思った瞬間でした。このドレスを選んでくれた店員さんに感謝です。

という訳で、さっそく購入したドレスは現在我が家で大事にしまってあります。