Mopsドイツ生活

【ドイツ3大美城】ひっそりと佇む姿が美しいエルツ城

ドイツには大きいものから小さなものまで数々のお城がありますが、その中でも特に美しい「3大美城」と呼ばれている物があります。

ドイツを代表すると言って良いくらい超有名なノイシュヴァンシュタイン城、山の上に立つ神秘的な姿が美しいホーエンツォレルン城に続くのが、モーゼル川の支流が流れるエルツ渓谷にひっそりと佇んでいるエルツ城

f:id:imasa24:20170610153243j:plain

そんなエルツ城に遊びに行ってきたので紹介します。

sponsored link
 

難攻不落の城

エルツ城 (Burg Eltz) は12世紀に建設され、それ以来一度も陥落したことのない難攻不落の城です。

四方を谷に囲まれて高さ70mの岩の上に建てられている城。その敷地の狭さから500年の歳月をかけて上へ上へと増築されました。

かつてはドイツに膨大な数の城がありましたが、その多くが歴史の中で破壊と修復を繰り返してきたもの。一方エルツ城はこれまで一度も破壊されたことがなく、建物は建設当時のままのオリジナルなのです。

f:id:imasa24:20170610153248j:plain

と言っても、ちょこちょこ修復はしているようで、訪れた時も外壁の一部が修復中でした。これだけ古いのだから、メンテナンスも必要なんでしょうね。

ちなみに城は現在、代々城を引き継いできたエルツ一家のご子孫が所有しています。自分の持ち家ならぬ「持ち城」なんですね。自分の城を持っているなんて驚きですが、ドイツでは城が個人の所有になっていることも珍しくありません。

f:id:imasa24:20170610153246j:plain

ホーエンツォレルン城もそうですし、今度私達が結婚式を挙げるラインシュタイン城も個人のお城なんですよ。

sponsored link
 

エルツ城へのアクセス

アクセスは正直言ってあまり良くありませんが、いくつか方法を紹介します。

車で行く場合は、専用の駐車場からハイキングコースを更に15分歩きます。道は舗装されていなく、雨の後は少しぬかるんでいたりするので、歩きやすい靴で行くのがベストです。

f:id:imasa24:20170610153249j:plain

駐車場から城まで走るミニバスもあります。

電車の最寄り駅からハイキング

電車で来る場合、最寄り駅であるモーゼルケルン (Moselkern) からハイキングをしながらエルツ城へ向かいます。時間にして約1時間半。

土・日・祝日はバスもある

5月~10月にかけては、土・日・祝日にBurgenbus (330番) というバスが運行しています。トライス・カーデン (Treis-Karden)、ハッツェンポルト (Hatzenport) 駅から乗車できるほか、モーゼルケルンでは駅から南へしばらく進んだ場所 (Moselsetaße 29) に乗り場があり、エルツ城の駐車場まで運んでくれます。

現地ツアーを利用する

もしフランクフルトから電車を使って日帰で行こうと考えているなら、現地ツアーに参加した方が断然楽です。公共交通機関を利用するとなると、まずフランクフルトからモーゼルケルンまで電車で片道2~3時間、そこからハイキングをするなら更に1時間半・・・。なんか時間が勿体ない気がします。

エルツ城への現地ツアーはVELTRAでも取り扱いがあります。公共交通機関を乗り継いで行く自信が無かったり、ハイキングしたくない方は利用するのもアリです。

24時間オンライン予約可能★世界中のオプショナルツアー取扱VELTRA

連休中は激混み!

事前のリサーチで「アクセスが悪いからか、観光客も少ない」との情報を得ていた私達。ところが、城の駐車場へ続く道からもう既に渋滞にはまってしまいました。

渋滞はそこまでひどくなかったものの、今度は人が多くてガイドツアーまでの待ち時間が30分ほど。

ガイドツアーが終わってお昼を食べようと思っても、カフェとレストランには長蛇の列。本当にどこを見ても人ばかりでした。

f:id:imasa24:20170610153250j:plain

初めは何でこんなに人がいるのか不思議だったのですが、よく考えたら訪れた日は聖霊降臨祭の連休真っただ中。周辺のキリスト教圏の国はどこも祝日だったので、ドイツのみならず隣国からも観光客が押し寄せたのだと思います。

駐車場を見渡してもベルギーやオランダから来た車が沢山。

普段の週末はそこまで混む事はないと思いますが、連休は注意した方が良さそうです。

sponsored link
 

城内はガイドツアーで見学

城内は40分ほどのドイツ語または英語のガイドツアーで見学します。チケット売り場はお土産屋さんにもなっているので、混んでいる時はチケットを買うのも一苦労。

f:id:imasa24:20170610153245j:plain

集合場所は高い壁に囲まれた中庭です。

f:id:imasa24:20170610153244j:plain

城内の写真撮影は禁止なので残念ながら写真はありません。ツアーは武器などを置いてある入り口の部屋から始まり、広間や寝室、騎士の間、子供部屋などを巡り、キッチンで終了します。

天井や壁に描かれた装飾が美しいほか、壁に掛けられたタペストリーや肖像画も見ごたえ抜群。ガイドの人が当時の暮らしぶりも紹介してくれますが、お城での暮らしもあまり楽ではなかったみたいです。

sponsored link
 

城を下から見上げる

ガイドツアー終了後には宝物館を見学。その後は城の脇を流れている川まで下り、エルツ城を下から観察します。

川は浅いみたいで子供たちの絶好の遊び場になっていました。ただ、前日に雨が降った性か水は茶色く濁っていました。

下から見ると、城が上へ向かって伸びていることがよく分かります。

f:id:imasa24:20170610153247j:plain

 

エルツ城を見学後、モーゼル川沿いのコッヘム (Cochem) という町へ向かいました。

その様子はまた次回お伝えします。